チルチンロス

2016.07.29

チルチンびとマーケットin石川が終わって

しばし放心状態

チルチンロスに陥っている今日この頃

しばらくは制作もお休みして

すこし自分を解放したいと思います。

 

さて、先日のチルチンびとマーケットで

開場前に回ってゲットしたものをご紹介します。

 

まずは。。。

 

噂ではいろいろと聞いていた

「月とピエロ」さんのパン

中能登町のお店までは簡単には足を延ばせません

参加されるイベントでもいつも長蛇の列

なかなかの高いハードル

今回のイベントでご一緒できると知って

出店者の特典とばかり

開場前にいち早く手に入れました。

(暑い中、並ばれた皆様、申し訳ありません!!!)

本当はアレコレといただきたかったのですが、さすがに遠慮しました

それで店主おススメのこの大きなパン

(量り売りという珍しい販売形態をされています)

 

 

 

この大きなパンを私のために一番初めにカットしていただきました。

本当に恐縮でございます。

ほんのり焼くとカリっともちっとしていて噛めば噛むほど味が口の中で広がります。

自然酵母のハードなパンとクロワッサンやタルトや焼き菓子もありましたが

今回は店主一番のおススメの大きなパンとバゲットのみ。

ぜひ一度中能登町のお店にうかがっていろいろと食べ比べてみたいと思えるおいしいパンでした!

そして次はこちら

 

何度もイベントでご一緒させていただいている七尾市の「くるみど」さんで

手に入れた「暮らしの手帖」

現在NHKの朝ドラで放映されている「とと姉ちゃん」

「暮らしの手帖」の編集をされていらした大橋鎭子(おおはししずこ)さんがモデルです

もっともあまり朝ドラは観ていませんが。。。(笑)

 

私の誕生年のモノ。。。1962年

いまから50年以上の前のデザインとは思えない表紙デザイン

状態も非常によく

迷わず購入

 

内容がまたすごい!!

広告を一切載せないというスタイルは今もなお一貫しています。

当時10円のアイスクリームの危険度をバッサリ!

自動トースター(その当時は画期的な家電の先駆けだったのでしょう)

もご覧のように各メーカーで比較して事実をそのまま掲載しています

いまでは考えられません。

写真のレイアウトやデザインは現代でも引けと取らず

十分通用するほど斬新

私の生まれたのがこんな時代だったのかと

この二冊からその当時の生活にタイムトラベルを

この夏楽しみたいと思います