おとなび

2015.12.04

暖冬だとたかをくくっていたら

昨夜はブリを起こすといわれる鰤起こしの雷がなり

大荒れの北陸

いよいよ冬到来です

 

さて、今回は旅リポートをお届けします

 

50歳以上のかたならだれでも会員になれる

JR西日本の「おとなび」

おとなびの会員になるとJR西日本限定ですが

切符が3~4割引きで購入できるほか

北陸新幹線で首都圏にも割安でいけるなど

いろいろな特典があります

 

今回利用した「おとなびパス」もその一つで

期間中の三日間のJR西日本の全線の新幹線、在来線が乗り放題というフリーパス

数年前からこのフリーパスの企画は催されていて

土日を除く平日のみ、65才以上の人が一人を含む二人以上など

毎年条件が異なっていますが

今年は「おとなび」会員限定、しかも一人からOKということで

「おとなび」会員を募集し始めた時にすぐに会員になった私は

この企画が出た時から利用したいと思っていました

 

先日、その機会が突然おとずれさっそく利用してきました

 

11月の最終週に会社の都合で突然平日二日間仕事が休みになり

本当は海外に行きたかったのですが

休みになるとわかってから二週間ほどしか時間がなく

さんざん検索しましたが、あまりに期日が迫っていたこともあって

望む条件のものがみつけることが出来ず、今回は潔くあきらめ

国内旅行を楽しむことにしました

 

7日前にチケットを購入し、

西日本なら、ここ!と以前から行きたかった場所をすべてピックアップして

ネット、スマホの「乗り換え案内」「路線案内」を駆使し、

行ったことのない場所はgooglemapのストリートビューでシミュレーションしながら

緻密な計画を立て直前まで頭の中で思い描いて、出発しました。

本当に便利な世の中になりました。

路線案内は最新情報だし、私鉄のバスまで細かに検索できるので

1分単位、1円単位まで調べることができるうえ

乗り換えのホーム、時間、も正確です。

さすが世界に誇る日本の交通機関だけありますね。

こんなアプリがなかった時代も困ることなく

それなりに楽しんだはずですが

今となっては、アプリのない時代に戻ることは出来そうもありません。

もちろん、旅の間中、スマホを片時も離すことができなかったのは言うまでもありません。

 

さてさて、今回の旅

まずは、神戸へ!

土日の予約は3か月先まで埋まり、平日の予約もあっという間に埋まるといわれる

「江崎グリコ」の工場見学

工場見学はこれまでもコカコーラなど行ったことがありますが

どうして「グリコ」かといいますと

このHPのギャラリーにも紹介している

母が集めていた昭和のころのグリコのおまけが

初代から現代まで2千点以上も展示されていると知ってから

ずっと行きたいと思っていた場所だったからです

神戸工場では「プリッツ」を製造しており

撮影禁止エリアが多く、写真はないのですが「へー」「ほー」と

子供から大人まで楽しめる見学でした

そして私のお目当てのおまけは

思ったよりさみしい展示の仕方でしたが

私には十分楽しむことができました

母が集めていたものは昭和30年代。

私が生まれる前のものもあり、子供のためというより

自分が好きで集めていたものと思われます。

いまでは大変貴重なものとなり、私の大好きなコレクションです!

ここで豆知識をひとつ

グリコの名前はグリコーゲンからきているのですって

 

写真をクリックしますと拡大します

さて、グリコ工場の次は

姫路城を目指して姫路へ!

行っていた三日間

北陸は大荒れだったようですが、

この青空をご覧ください。別名白鷺城。今年お色直しを終えたばかりの白と青のコントラスト!

さすが名城といわれるだけあって素晴らしい佇まい。ほれぼれします。

駅から10分、お堀の入り口からお城の下までまた数分

入場からお城の入り口まで緩やかな階段を上ったあとに

ついに入城。その後急な階段を何回も登って

ちょっとした登山感覚

足腰に自信のない方や高齢者には無理強いはしませんが、少し無理してでも昇る価値十分です!

一生に一度はこのお城を見ることを強くおススメします!

今回の旅は倉敷に二泊

ここを中心に動き回ってきましたので

姫路城のあとは倉敷へ移動

倉敷も初めて訪れる土地

これからの日程を考えるとゆっくり倉敷を見て回る時間はなかったのですが

せっかく宿泊するので、わずかな時間でも見ることができればと思い

拠点をこの地に決めました


二日目も快晴!

倉敷で滞在できる時間がわずか2時間弱

お店が開店する前でしたがせめて

有名な美観地区を写真に収めようと

プルシアンブルーが広がる空の下

気持ちよく散歩してきました

 

こちらもなまこ壁の白さと青空がどこまでもきれい!

お目当ての倉敷意匠のお店「林源十郎商店」(写真右下)

30分ほどしか覗けませんでしたが

ネットで見ていた商品を実際に手にして

その美しさに感激

他にも私のほしい虫を刺激されっぱなしで

あっという間に時間が過ぎてしまいました

今度はこんな駆け足の旅ではなく

じっくりと歩き回りたいと思います


倉敷から次は

山口県岩国へ

目指すは錦帯橋

350年近く前に建設された五重アーチの木製の橋

山の上には岩国城があり、その城と城下町をつなぐ橋として建設されたそうです

アーチが本当に見事で

多くの団体客が一度に渡っても揺れることもなく思ったよりかなりの安定感がありました

橋は一段一段、階段状になっていてわたりやすくなっています

ただ、雨などでぬれると滑り止めなどがないので滑る可能性大です

夢中で撮影をしていたら転びそうになりました

あわてずゆっくり、なおかつ足元に注意しながら渡りましょう!


一つ驚いたことが

錦帯橋を渡ると岩国城にいくロープウェイに乗るのですが

(今回時間がなく、登りませんでした)

そのふもとになんと石川県の白山市にあります

白山比咩神社の分霊が祭られているという

同名の神社がありました

まさか初めて訪れる山口県に石川県のしらやまさんがあるとは驚きでした

この地を訪れる不思議なご縁を感じました

錦帯橋滞在時間1時間


その後はお隣の広島宮島にあります

厳島神社へ

ここは18年前に両親と訪れたことがあり

今回で二度目

今まで訪れたどこより感動したことが思い出されます

前回は宮島に宿泊したので

干潮、満潮のどちらの厳島神社の景色をみることができ

また美しくライトアップされた姿も目にすることができました


今回は夕刻に向かっていったので

ちょうど干潮時の鳥居まで歩いて行くことができました

あれから台風の影響でなんどか改修を繰り返したものの

朱色のその姿は変わらず美しく輝いていました


これを機に御朱印を集めることにしましたので

厳島神社の御朱印帳を買い求めいただいてきました

話は少し飛びますが

御朱印帳は亡くなる時に御棺に一緒に納めるらしいのですが

それを知らなかった私は両親の御朱印帳をいまだに御仏壇に置いたままです

私がなくなる時に両親の御朱印帳と一緒に納めてもらいたいものです

両親の御朱印帳は空きスペースがないくらいにいっぱいです


ここも姫路城同様

ぜひ、一度は訪れてほしい場所の一つです。

できれば宮島で宿泊することをおススメします


二日目は岡山県倉敷市→山口県岩国市→広島県廿日市 

三県を駆け巡りました


さて、最終日の三日目は

実は一番行きたかった場所

お天気の状況で結局最後の日になってしまいましたが

倉敷から電車に揺られること4時間

島根県にあります出雲神社


60年ぶりに行われた平成の大遷宮が平成25年に終わってから

以前にもまして注目を浴びている

言わずと知れた縁結びの神様

この時期に他の神様がこの地に一度に集まることから

他の土地では神様がいなくなりますので

旧暦で「神無月」といいますが出雲では「神在月」と呼ぶとのこと。

訪れたこの日はたまたま神在祭の日と重なり

さまざまな式典が行われていたようです

御朱印の列も気が遠くなるほど多くの方が並んでいて

時間がないのであきらめようと思ったのですが

お守りを買ったのち再度思い立ち並んだら

思ったよりも早くいただくことができ

さっそくお参りの御利益をいただけたのかもしれません

このいい時期に行けたことも一つの強いご縁だったかもしれません


出雲大社の参拝は

まず四つの異なる素材からできた鳥居をくぐってから

普通の神社では二拝二拍手一拝ですが

出雲大社では二拝四拍手一拝です

今までもたくさんのいいご縁をいただきましたが

これからもそのご縁が続けらることと

また新たなご縁をいただけるようにとお参りしてまいりました


そして御朱印をいただいて

帰りの電車までの時間残すところ25分!

でもどうしても行きたかった場所が下の写真の

旧大社駅

平成2年まで使われていたこのなんとも堂々とした

まるでお寺かと思えるくらい男前の面構え

中は大正ロマンのどの写真をみても飴色一色

私の大好きな建物の一つです

特に切符売り場の細かな建築様式

天井のランプ

昔の駅にあった木の椅子

どれをとっても素敵すぎて夢中でシャッターを切ってしまいました

こんな建物がこの先もずっと保存されてほしいですね


今回は、どこも滞在時間1時間~2時間という

駆け足で廻ったあわただしい旅でしたが

それもこれも「おとなびパス」のおかげ

総移動距離 1735.9km

通常交通費 45,380円(JRのみ)

歩数 40,351歩

じっくりお土産を買う時間もなかったけれど

行きたいところへすべて

計画通り

いえ、むしろそれ以上の出来で旅を終えることができました

たとえるなら青信号に一度もかからずに

スムースに目的地にいくことができたような幸運感を五感で感じている

そんな感覚でしょうか。

シアワセ感いっぱいです。


今年は腰痛や胃痛と

体調不良がずっと続き

福井に一度ランチに行ったきり

石川県から外に出なかった年でしたので

その反動で身体が行きたい!という強い思いが

私をここまで動かしたのかもしれません!


旅はいいですね。

リフレッシュできました!

また、旅したい!!


ずっとご無沙汰のブログ

やっと更新したかと思ったら

こんな長文!

最後まで読んでくださりありがとうございました!