TOKYO旅日記 1

2014.12.02

今日は、電車が天候不良(強風)で運休

そのため私は現在自宅待機中

いよいよ本格的な冬の到来を告げるような12月の始まりです

電車が動いてほしいようなほしくないような。。。複雑な心境。。。

 

さて、先月末東京に行ってまいりました

これまで家族旅行で訪れることが多く、どちらかといえば添乗員気分で

家族をもてなすことに重点をおいていたので自分のことは二の次で

行きたいところも会いたい人も抑えてきましたが

今回は気ままな一人旅

行きたいところへ行きたいときに行きたいだけ

気のおもむくままに旅してきました

 

どうしてこの時期にいったかと申しますと

第一の目的は年に二度開催される『東京蚤の市』に行きたかったから。

そしてもう一つはこれまで何度もこのブログに登場している

大好きな刺繍作家の樋口愉美子さんの展示会が二子玉川の「リネンバード」で

またまた開催されていたので今度こそこの機会を逃すまい!と思ったからです

しかも代官山の蔦屋書店でも樋口さんの作品が展示されていると聞いて

さらに行く決心を固くしました

 

事前に行きたい場所をリストアップして

どのルートで廻るかをGoogleのストリートビューで

シュミレーションをしながら計画を立てていました

でも実際に駅のホームに降り立つと

恵比寿も渋谷も品川、どの駅もすべてが巨大化、複雑化し

出口にたどり着けないのです!

改札を出ることさえできない始末。。。

しかも人の多さにまっすぐ歩くことさえままならず

本当にこんなところに5年も住んでいた自分が今では信じられない!!

 

やっとたどり着いた出口に見覚えのある景色にほっとしつつ

恵比寿から代官山まで歩いてみたのですが

相変わらず狭い路地におしゃれで洗練されたショップがアチコチに点在

気になるお店に寄り道しながら歩いて

最初の目的地の蔦屋書店に着いたときには

大体の目安で立てていた予定時間を大幅にオーバー!


初めて目にすることができた樋口さんの作品

写真撮影も作品に触ることもNGだったので

ただひたすら眺めることしかできませんでしたが

本でしか目にしたことがなかったその実際の作品は

想像以上に丁寧でため息まじりに食い入るように見入ってしまいました!


その後二子玉川の「リネンバード」へ。

二子玉川の駅周辺もずいぶんと様変わり!

本当に驚きの連続!

リネンバードで展示されていた作品は

蔦屋書店とは違うウールを使った刺繍が主流で

これが またステキ!!

こちらは実際に使っている刺繍糸やウール糸、リネン地、巾着などのキットも販売されていました

私も本を見ながらいくつかのモチーフを刺してみたものの

糸が6本どりで刺すものが多く、なかなかキレイに仕上がりません

ましてやウールとなると目を揃えるのも苦労しそうなので

ウール刺繍の挑戦はどうしてもためらってしまいます

今回初めて樋口さんの実際の作品を目にすることができて

こんなにも人を引き付ける彼女の作品のような

モノつくりができる作り手になりたいと 改めて思いました 

 

その夜は、懐かしい友人達と食事をして

東京旅行の第一目を終えました


翌日はいよいよメインイベントの『東京蚤の市』

他にもいろいろ訪れましたので近いうちにアップします!