まとめて書きます!!

2013.08.26

暑かった夏も終わりに近づき

秋の風が吹きはじめ

今日はとってもキレイな夕日が西の空を真っ赤に染めました

さて、このブログもまたまた久しぶりの更新

 

最近の私は

ハワイで元気の充電したきたはずなのに

もうバッテリー切れ?それともリゾート地で自分を解放しすぎてしまったせい?

 

なーーんにもやる気が起きず

暑さのせいにして現実逃避してきたけれど

来月のイベントがすでにきまっているので

本気モードで制作を開始!

 

でもいまひとつモチベーションがあがりきれません

どうしたものでしょうか。。

 

モチベーションよ、あがれーーー!!

 

あまりはかどらない制作状況にありながら

ここ数週間の週末は友人に誘われるまま

ちょこちょこと遠出をして

脳の活性化と称してでかけていました

(現実逃避ともいうかな。。)

 

そのいくつかを紹介します

 

8月の半ばには

滋賀の長浜まで鯖そうめんなるものを食しに行き、

その次の週は

美味しいランチのあと

突然思い立って

能登半島の七尾まで長谷川等伯展を見に行ってきました

 

フットワークの軽い友人を持つと

計画性には欠けるものの

思わぬ楽しい小旅行ができたりするので

シアワセなことです。

家にこもって制作ばかりをしていては気が滅入ってしまいます。

休みの日にはリフレッシュが必要!(やはり現実から逃げてる)


滋賀県長浜


石川県七尾


そしてここ最近のお気に入り二つご紹介します

「暮らしの手帖」という雑誌の

創刊号以前から

編集、表紙の装丁、執筆と幅広く手掛けてこられた

花森安治氏

私自身は「天然生活」とい雑誌が好きなことは何度となく書いてきましたが

いわゆる暮らしに関する情報誌の先駆け戦後間もなく発行され

いまでも当時と変わらず一貫したスタイルで愛読者を確保し続ける

この「暮らしの手帖」も私の大好きな雑誌のひとつです

 

花森氏のデザインの表紙をあつめたデザイン集

今見ても斬新かつ新鮮

デザインはもちろんその色使いだったり

イラストや手書きの文字も

どのページを切り抜いても

ポストカードにして部屋に飾っておきたいくらい

 

当時からいかに洗練されていたかがわかります

 

この本の後半に彼が最後まで手を抜かずに

写植(文字)を一文字ずつ手で詰めて

貼ったといわれる版下(印刷される前の工程)が紹介されています

私はこの写植や版下の作業をしていたことがあったので

ここまでの字詰めの凄さから少しも妥協を許さない

彼のこだわりを感じます

 

彼の言葉より

「美しいものは、いつの世でも

お金やヒマとは関係がない

みがかれた感覚と、まいにちの暮らしへの、

しっかりとした眼と

そして絶えず努力する手だけが、

一番美しいものを、いつも作り上げる」

 

今の私には

この言葉を鉢巻に書いて頭に巻きたいくらい!!

 

 


こちらは最近購入した巻物

アメリカの「FLUXUS」というブランドのストールです

 

カットソーの生地で端っこがきりっぱなし

薄手ながらも120cm×220cmという超特大サイズで

ちょっとしたシーツ並みの大きさです

 

実はほぼ同様のこの半分ほどのサイズの無印良品のストールを持っていて

一年中大活躍していたのですが

先日のハワイ旅行に持って行って機内で忘れて紛失してしまったのです

それで同じようなものを探していたら見つけたのがコレ

私は大柄なのでぐるぐると首に巻いても

このボリュームでもまったく問題ないのですが

小柄な方にはあまりお勧めできる大きさではないかもしれません。。

でも、ひざ掛けや羽織ものとしても一枚あると便利だと思いますよ

 

お値段もかなりお手頃で色も豊富

 

もう一枚色違いの購入を検討中!

 

興味のある方は

「FLUXUS ストール」で検索!


いっぺんに書き溜めしてしまいました

長文をお読みくださいまして

ありがとうございます!!!

 

これからは

なるべくマメに更新してまいりたいと思います!

申し訳ありませんでした!

深く深く反省。。。