ハワイの旅日記 Day5

ハワイの滞在も残すところあと3日となった5日目は 

ハワイ島日帰りオプショナルツアーに参加しました 

ハワイ州には8つの島があり 

ホノルルのあるオアフ島,カウアイ島,ラナイ島,モロカイ島, 

ニイハウ島,カホオラフェ島 

そして一番大きなハワイ島通称ビッグアイランド 

私も全ての島に行ったわけではありませんが 

どの島もそれぞれ島の様子が違い 

様々な特色や発見があります

 

特にハワイ島は今でも噴火活動を続けているキラウエア火山があることで有名ですし 

富士山よりも高い山もあり 

ハワイでスキーができる場所でもあります 

ハワイ島は大きく分けると 

ホテルが集中するコナ地区と 

古い町並みの伝統的な町のヒロ地区の二つの地区があり 

今回訪れたのはヒロ地区です 

ハワイ島の中でもこの二つの地区は様子が大きく変わり 

オアフのように乾燥していてカラッとしているのがコナで 

ヒロはその反対でハワイの中では一番降水量が多い場所です 

 

ホノルル空港からヒロ空港まで飛行機で約45分 

わずかな飛行時間にもかかわらず 

セキュリティーチェックは国際線なみで 

ペットボトルはもちろん持ち込み禁止だし 

手荷物検査も厳重に行われました 

 

合計12名の小さなツアー 

小型のバンに運転手兼ツアーガイドの方が一人で案内してくださいました 

 

最初に立ち寄ったのは小さなコーヒー販売店 

コーヒーよりもそのお店の前にある何本も並ぶ巨大なガジュマルの木に釘付けでした 

ハワイのいたるところでよく見かける木で「バニアンツリー」と呼ばれていますが 

こんなにも巨大な群集は初めて見ました

下の写真で人や車と比較するとその大きさがわかっていただけると思います

その後、どのガイドブックやOPツアーでも取り上げられている

ヒロでしか入手できないビッグアイランドキャンディーのクッキーやチョコレート

キャンディーと名前がついていながらキャンディーがない不思議

試食を食べ過ぎて若干気持ち悪くなりつつ

この後マカダミアナッツの木が広がる広大な敷地の一番奥にある

有名なマウナケアマカダミアナッツの工場へ

こちらでも懲りずに試食

学習機能の欠落に我ながら反省

それから街中を抜け

いよいよ溶岩ウォークへと向かいました

以前にも少しだけ歩いたことがありましたが

これほどまでの規模の上を歩いたことがなかったので

改めて自然の猛威と溶岩流の生々しい様子に

感動と脅威を感じました

見渡す限りの溶岩流のかたまり

いまでも噴火を続ける火山

ハワイ島は年々少しずつ大きくなっていることが

ちょっこりわかった気がします

そしてこのはるか山頂に見えた噴火口へと向かいました

さすがにここにくると寒くて上着がないととても立っていられませんでした

ここですっかり身体が冷えてしまって

22時を過ぎてからホノルルのホテルに戻った時には

あまりの寒さにバスタブにお湯をためてお風呂に浸かってしまいました

ハワイといえども侮ってはいけません!

寒いのです、とにかく。

同じハワイといっても

オアフ島とはまったく違う顔をしているハワイ島は

大自然をこれでもか!と感じることができ

ワイキキしか回らずに一言でハワイと大きくくくってしまうには

あまりに毛色が違いすぎ

なかなか全部の島を廻ることは難しいですが

もしもどの島にしようか迷った時は是非ハワイ島を訪れてみてください