ハワイの旅日記 Day4

2日目、3日目は

比較的ゆっくりめのスケジュールをこなし

そして迎えた

4日目はレンタカーを借りてオアフ島一周をすることに。。

久しぶりの左ハンドル右通行

道もうろ覚え

一抹の不安を抱きつつもスマホの地図があるし

走っているうちにだいたいの感覚は戻ってくるだろうと

発進した途端、右折のウインカーのはずがワイパーが作動。

まー,よくある話(笑)

 

オアフ島一周の前に

まずは、2日目にできなかったダイヤモンドヘッド登山へ

何度か快晴の中ワイパーを動かしつつも

ダイヤモンドヘッドの駐車場に着くころには

感覚も戻り快調な滑り出し

 

いざダイヤモンドヘッド登頂にむけ出発!

以前両親と一緒に登ったことがあったのですでに経験済み

おおよそ30分ほどで登れてしまうので

登山というよりトレッキングに近いでしょうか。

難関は頂上目前の急な階段と真っ暗なトンネルのあとの螺旋(らせん)階段と

しゃがんで通り抜ける最後の壁だったのですが

現在は緩やかな階段が作られ

身体をかがめて通り抜ける狭い壁もなく

すんなり頂上へ到達することができました

登るつらさよりも暑さとの戦いなので

もしも登るのならば陽射しの弱い朝が絶対おすすめです!

 

ホノルルの360度の眺望が眼下に広がり

少し汗ばんだからだも頂上を吹き抜ける風で

一気に汗も引き、景色を見た途端疲れも飛んでいきます 

ダイヤモンドヘッド登頂後

若干疲労感がありつつも

オアフ島を東側から西側へと一周廻るドライブへ出発!

 

ダイヤモンドヘッドを過ぎて30分ほど車を走らせると

次に現れてくるのがココヘッド

この坂を上って下るあたりの海岸線が私は大好きで

坂を下り始めると現れる海の色がだんだん

濃い青色からエメラルドグリーンへと変化する場所

要所要所にビューポイントとしてパーキングスペースがあり

平日にもかかわらずたくさんの車が停まっていました

どこで写真をとってもポストカードになりそうなほど

絶景ポイントが続く場所でもあります

コマーシャル撮影にもよく使われることもしばしば

よーくみていると見たことのある島が遠くに見えるので

ここで撮影されたことがわかります

 

ホノルルから約1時間ほどの場所にあります

近頃ガイドブックやテレビで取り上げられている

カイルアタウン

以前は日本人はほとんど見かけませんでしたが

今はツアーもでるくらい人気の町になり

多く日本人を見かけました

特に人気のあるパンケーキハウス、ブーツ&キモズは

すでに長蛇の列

そこはあきらめてそこからほど近くにあるシナモンズという

ロコでいっぱいの人気レストランでランチをとることにしました

 

噂のパンケーキとボリュームのあるハンバーガーとサラダ

見た目はがっつりでしたが

ふわふわのパンケーキは思ったより甘くなく

ダイヤモンドヘッド登山のあとだったこともあり

お腹を空かせた4人はペロリと平らげました

ランチのあとはただひたすら一本道を北上しノースショアへ

そもそもノンストップでオアフ島一周してもせいぜい4時間くらいの小さな島なので

ゆっくり時間をかけてドライブしても10時間もあれば余裕で廻れてしまいます

キレイなビーチがあれば立ち寄って写真をとって

ノースの町ハレイワをブラブラしてから

オアフ島の中心に位置するドールパイナップルに立ち寄って

ホノルルに戻ればちょうど夕食の時間に戻れると計画していたのですが

他のみんながハレイワには特に興味も示さず

スルーしたので大幅に時間削減ができ

思ったよりも早めにホノルルに戻れると思いきや

帰りのH1が通勤ラッシュの時間にかさなり

想像を絶する混みようで

結局ホノルル帰着が予定とおりの戻り時間になりました

ハレイワに寄っていたらどっぷり日が暮れてからの帰着になっていたところでした

 

ハレイワにほど近いビーチでは

野生の海カメを目の前でみることができました

動物園以外でカメをみるなんてことは人生初だったので

とても感激でした

 

ドールのパイナップルでは

どんな風にパイナップルが収穫されるのか知らなかったみんなは

収穫前の姿を見て驚いていました

この南国の大地で生まれる黄金色のパイナップル

ちなみに日本で食べるパイナップルの大半はフィリピン産で

ハワイ産が日本に輸入されることはほとんどないそうです

 

久しぶりの運転でどきどきでしたが

事故もなく無事に終えることができ一安心

一緒に乗ってくれたみんなが一番ほっと胸をなでおろしたにちがいありません

みんなごめんねーー。