workshop vol.2

2011.09.26


benllys&jobのworkshop

連休明けの出勤は

まるで海外旅行から帰ってきたように

いっぺんに現実に引き戻され

激動の連休の終わりをきっぱり告げられたようでもありました

 

イベント終了からホッと一息をついて

翌日はbenllys&jobの「スープを食べる」というworkshopへ参加してまいりました

 

東京青山にあります本屋「ユトレヒト」のオーナーの江口宏志さんと

その奥様で多方面で活躍されていらっしゃるイラストレーターの山本祐布子さんのご夫婦の

クリエイティブユニットfunny upの初のworkshopで

最後にワインをいただきながら夕食をするという

私が参加したイベント終了翌日にタイミングよく

そんな魅力的なworkshopがあるというので

思わず飛びついて参加してしまいました

 

お昼過ぎからbenllysのworkshopに集まり

自己紹介後、

本日のメニューをみんなで考え、

その後、新竪町商店街で食材を調達しに出掛け、

なにやらとてもすばらしい完成品ができそうな予感がするモノたちが

少しずつ買い足されていき

最後にワインを仕入れ

benllysに戻って調理開始

 

入ってすぐに目に入ったステキな食器とカトラリー類は

なんと祐布子さんが東京から持参されたのだとか。。。

すべて白のヴィンテージのお皿たちとシルバーのスプーンにフォーク

使い込まれたカッティングボードに木の器

どれをとってもこだわり抜いたモノばかりで

ただただうっとり  

 

飲み物のグラスが見当たらないと思ったら

なんとそれを手作りするというのも

workshopの企画のひとつ

といってももちろんガラスから作るのではなくて

ワインボトルなどの空き瓶を利用してのグラス作り

 

みんなそれぞれが料理の合間に

自分の好みの瓶からカットして

おもいおもいのグラスが完成していきました

 

コーヒーの焙煎もタナカさん自らが挽いてくださり

食後に振舞っていただきました

 

日も暮れる頃には外のテーブルのランタンに灯が点り

祐布子さんの手際よい

センスのよいお料理が次々と完成して

いい香りとともにワインを飲みながら

みんなで楽しい楽しい食事会が始まりました

 

タナカさんを除いて

どの方も初対面だったにもかかわらず

とてもフレンドリーで

私にも気軽に声をかけてくださって本当にうれしく思いました

わたしにとって忘れられない一日になりました

 

楽しいひとときを

どうもありがとうございました

 

またいつかどこかでお会いできることを願っております