刻印

2011.08.02

レザークラフトを始めるようになって

初めて知った刻印の存在

レザークラフト用の刻印があり

革にきれいに文字や数字、あるいはさまざまな模様を入れることができます

 

誰かへプレゼントするときは

なるべく作品本体やまたはタグをつけて名前を刻印するようにしています

 

その方がオリジナリティがでますし

なにより完成度が上がる気がします

 

実はレザークラフト用の刻印は使ったことがありません

おそらくとても革に刻印しやすく、仕上がりもきれいなのだとは思いますが

どうもあのフォントがあまり好きになれないことから

使う機会を失っています

 

以前、デザイン業界がアナログだった時代に

写植という仕事をしていたこともあり

フォントには私なりの思い入れがあります

 

この20年間のデザイン業界の進歩は目を見張るものがあり

アナログからデジタルへ大きな変化を遂げました 

そんな中でいまだに昔ながらのフォントや印刷にこだわる

デザイナーやクライアントもいるようです

事実、東京ではわずかながらも

いまだに活版印刷の印刷屋が存在します。

 

写真の刻印は以前活版印刷で使用されていたもののようで

オークションで入手しました

小さいので革に打ち込むのに苦労しますが、

きれいに入ったときはニンマリ

これも数をこなせばだんだんに上手になるのかもしれませんね  

 

写真の刻印のフォントは「Garamond」

大文字よりも小文字だけのほうがスキ 

 

我ながら変なコダワリです