ただいま

2011.05.09

3泊4日で父と二人で東京へいってまいりました


父のリクエストに応え、秋葉原、靖国神社、東京ドーム
東京タワー、横浜中華街、築地、両国、浅草


まさに東京おのぼりさんコースの王道ともいえる観光をしてまいりました

とにかくよく歩きました
私の携帯に万歩計機能が付いていて、

毎日の歩数、距離、消費カロリーが記録されるのですが、

4日間の合計歩数約70,000歩、歩行距離約42.6km

父も私と一緒にいたので同じくらい歩いていますが

『タクシーに乗ろう』『休もう』というのは私ばかり

速度は遅いものの断然元気だったのは父のほうでした

恐るべし昭和ヒトケタ

あらためて父の体力のすごさに脱帽です

自他ともに認める雨男の父と行ったわりには

たいした雨にも遭わずに済み一度も傘の出番はありませんでした

ただ寒々とした空にそびえ立つスカイツリーの先端は雲の中に見え隠れ

ついに最後まですっきり青空は臨めないまま

上着が必要な肌寒いお天気の東京でした

節電の影響で、駅によってはエスカレーターや照明が消えていて

コンビニも自己主張は控えめで、全体的にほの暗い街並み

東京は駅の中の乗り換えだけでも、かなり歩く必要があるので

エレベーターは動いてるものの高齢者や子供連れには不便に思えました

完全に電気がストップすることを思えば

いた仕方ないのかもしれませんが


父との旅行は父の喜寿のお祝いに二人で沖縄へ行って以来5年振り
どうして父が東京に行きたいと言い出したのか本当の理由は聞かなかったけれど

昨年亡くなった母との新婚旅行先が東京、熱海だったので

母との思い出の地をあらためて回ってみたかったのかもしれません

気持ちは母と一緒だったのかも

 

私にとっても数年振りの東京
本当は以前住んでいた目黒区大岡山、世田谷等々力あたりを

じっくり回ってみたいと思ったのですが、

時間の余裕がなく今回は会社のあった六本木だけを

十数年振りに30分程ブラリとしてまいりました

ほとんど変わってしまっていた景色の中に

当時のままの変わらない風景を見つけ

とても懐かしく当時の思い出がフラッシュバックしました

  

東京は節電対策で暗かったけれど

この地元では節電は関係ないのに暗い

これがいつもの明るさ

人影もまばら

でも、今の私にはこちらのほうが落ち着く

やっぱり我が家が一番、ですね

 

さすがに帰ってきてから疲れた様子の父ですが

しばらく休めばすぐに回復するはず

早速『次は京都の東寺のがらくた市に行きたい』と言っています
本当に元気ハツラツオロナミンCの父であります 

 

京都も行きましょうね

 

母が亡くなってからはじめての父との旅行

心配していた余震もなく、無事に帰ってこれたことに感謝です

 

写真をクリックすると拡大します